【 #NissanAmbition2030 】日産の長期ビジョン概要

11月29日(月)に発表された長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」のキーメッセージ要点を、CEO・内田誠とCOO・アシュワニ・グプタが説明します。

スローガンは、「共に切り拓く モビリティとその先へ」。

日産は、環境問題や社会課題、そして変化するお客さまの多様なニーズに対応し、
よりクリーンで安全、インクルーシブな誰もが共生できる社会の実現と、真に持続可能な企業になることを目指します。

▼長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」の詳細はこちらからご覧ください。
https://www.nissan-global.com/JP/AMBITION2030/

#NissanFutures

MY/FK

You might be interested in

Comment (21)

  1. インフィニティを日本に導入してほしい、とか国内の新型セダンは、次期GT-Rは、空飛ぶクルマは、など気になることはたくさんありますが、一番、2030年の日産の姿として気になるのは、ルノーから独立出来てるかということです。
    「生き残るためにアライアンスは重要」、とかいう違う話をして不平等な資本関係の事実から話をそらさないでください。
    ルノー筆頭株主のフランス政府は日産とルノーの経営統合をまだ諦めてません。
    日産の先端技術を次々とルノーに持っていかれ、失望した社員がどんどん退社していくという今の現状を変えてください。
    ゴーンを追い出したのは第一歩。ここからの歩みが大事です。

  2. マーチファミリーだった「キューブ&ジューク」の新型計画は無いですか?
    キューブをスライドドア化して再デビューさせれば
    街に溢れているトヨタ&ダイハツの「ルーミー&トール」や
    スズキの「ソリオ」に十分対抗できそう。
    「ジューク」もSUV色を強調すれば「ヤリスクロス」の
    好ライバルになりそうなのに。まあ、出す気は無いでしょう

    マーチの国内専用モデルの新型など夢の夢でしょうね。

  3. モータースポーツ部門への予算倍増と更なる強化。
    スポット増し打ち等によるボディ剛性の徹底強化。
    シルビアS13のようなライトスポーツの完全復活。
    HパターンMT車の復活と普及、同車の安心安全機能等の徹底強化。
    nismo会員等に限らず、運転免許証取得者限定で誰でも入れる、ドライビンクスクール開校と普及(慣れ・慢心運転の払拭とローカルルールなど存在しないという再認識)。
    心より切願します。
    Go Go NISSAN!!!

  4. 日産グリーンパス?最低です。EVを進めるのならカルロス・ゴーンが必要なのではないのか?90kwの充電設備で満足していますか?アリアはなんの為に130kwまで対応しているのか?本当に日産には失望した。お疲れ様でした

LEAVE YOUR COMMENT

Your email address will not be published.